痛風 晩酌 おつまみ 

痛風親父の晩酌ブログ

◆ 母の日のおススメ

◆ Rakuten Ranking

◆ スポンサードリンク

◆ カテゴリ

◆ 痛 風 (7)
痛風の自己紹介 (1)
痛風発作とは (1)
痛風発作の部位 (1)
痛風予防 (1)
痛風の治療 (1)
痛風 晩酌 焼酎 ビール (1)
リンカーン 試してガッテン 痛風 三村 アラフォー芸人 (1)
◆ ワキ汗 (2)
ワキ汗治療 (1)
有働由美子 ワキ汗 (1)
◆ 南極大陸 (3)
南極大陸 ロケ地 北海道 根室 (1)
南極大陸 原案 原作 実話 北村泰一 倉持岳 (1)
南極越冬隊タロジロの真実 南極大陸 原案 北村泰一 (1)
◆ 故郷~娘の旅立ち~ (8)
さだまさし 案山子 かかし ドラマ 故郷 娘の旅立ち (1)
さだまさし 案山子 かかし 歌詞 故郷 娘の旅立ち (1)
堀北真希 松平健 故郷~娘の旅立ち~ 案山子 かかし (1)
五島うどん ごとううどん トラさん 松平健 温水洋一 (0)
五島うどん ごとううどん トラさん とらさん 松平健 温水洋一 (1)
五島うどん とらや 堀北真希 松平健 風吹ジュン 高岡蒼甫 中越典子 美山加恋 中村柊芽 (1)
五島列島 大家族 犬塚虎夫 佐伯寅夫 とらや  (1)
五島うどん とらや 佐伯ちづる ちずる 堀北真希 (1)
故郷 堀北真希 佐伯ちづる 高校生 セーラー服 (1)
◆ 渡る世間は鬼ばかり  (57)
渡る世間は鬼ばかり まひる 兄 (1)
まひる 西原亜希 (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる役 (1)
渡る世間は鬼ばかり 貴子 (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる 爆弾発言 (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる 西原亜希 (1)
渡る世間は鬼ばかり まひるさん (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる 本心 (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる 結末は? (1)
渡る世間は鬼ばかり まひる 幸楽ソース (1)
渡る世間は鬼ばかり 幸楽ソース 餃子 (1)
渡る世間は鬼ばかり 幸楽ソース ネット販売 (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 中国 上海 (1)
渡る世間は鬼ばかり えなり まひる 貴子 結婚 (1)
渡る世間は鬼ばかり こうらくソース 販売 お取り寄せ (1)
わたおに まひる  (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 まひる 上海 ツアー (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 まひる 上海 海外旅行 (1)
渡る世間は鬼ばかり  眞 えなりかずき まひる 西原亜希 五月 泉ピン子 (1)
渡る世間は鬼ばかり 最終回 9月29日 赤木春恵 上戸彩 (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 貴子 結婚 結末 (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 力矢 日向子 長子 貴子 引越し (1)
渡る世間は鬼ばかり 眞 まひる 貴子 壮太 そうた (1)
渡る世間は鬼ばかり 荘太役  長谷川純 (1)
◆ ハンチョウ (14)
ハンチョウ 村雨 (1)
ハンチョウ 村雨 本庁 栄転? (1)
ハンチョー4 最終回 安積 殉職 (1)
◆ BOSS (17)
BOSS 戸田恵梨香 復活 (1)
BOSS 戸田恵梨香 めがね 眼鏡 (1)
BOSS 木元真実 戸田恵梨香 復帰 (1)
BOSS2 戸田恵梨香 対策室 復帰 (1)
BOSS ボス 戸田えりか 戸田恵梨香 とだえりか 降板 復帰 (1)
◆ 仁 (8)
仁 大政奉還 帝王切開 (1)
仁 坂本龍馬 暗殺 (0)
仁 坂本龍馬 暗殺 結末 結果 (1)
仁 坂本龍馬 暗殺 犯人 結末 結果 (1)
JIN 仁 彰義隊 最終回 最終話 (1)
JIN 仁 がっちり 小出恵介 橘恭太郎 最終回 最終話 (1)
JIN 仁 勝海舟 西郷隆盛 彰義隊 最終回 最終話 (1)
JIN 仁 最終回 結末 疑問 坂本龍馬 脳髄液 (1)
JIN~仁~ 最終回 平均視聴率 最高視聴率 (1)
◆ 江~姫たちの戦国~ (6)
江姫 秀忠 (1)
江姫 徳川秀忠 (1)
江姫 夫 秀勝 秀忠 (1)
江姫 利休 切腹 (1)
江姫 千利休 切腹 秀吉 秀長 (1)
江姫 秀勝 結婚 鶴松 秀次 関白 朝鮮出兵 (1)
◆ 水戸黄門 (4)
水戸黄門 第43部 7月4日(月)スタート (1)
歴代水戸黄門 (1)
水戸黄門 第43部 主題歌 歌詞 (1)
水戸黄門 雛形あきこ 楓 入浴 色気 (1)
ハガネの女 教師 吉瀬美智子 (1)
父の日 プレゼント おつまみ (1)
父の日 晩酌セット 熊本 馬刺し (1)
甚平 父の日 プレゼント 通販 (1)
ステテコとは (1)
柏木由紀 AKB48 新体制 (1)
KAT―TUN改名 勝運 (1)
遺留捜査の主題歌 (1)
はなまるマーケット 寝Goo set (1)
堀北真希 来年春の朝ドラ主役 (1)
焼酎 晩酌 おつまみ (1)
女子会 家飲み おつまみ (1)
夫婦で晩酌 おつまみ? (1)
作務衣 甚平 違い リラクシングウェア (1)
加藤ローサ 松井大輔 おめでた 結婚 (1)
生まれる 最終回 堀北真希 衣装 (1)
AKB まじすか学園 DVD (1)
AKB48 大島優子 下ネタ セックス依存症 (1)
ハガネの女 第2話 トラブル (1)
BOSS ボス 戸田恵梨香 活躍 復活 復帰 (1)
水道水 塩素 除去 節水 止水 安い 浄水器 (1)
平泉 中尊寺金色堂 藤原氏 三代 世界文化遺産に (1)
るろうに剣心 佐藤健 映画 実写版 (1)
柏木由紀 前田敦子 聖ブロッサム女学院 (1)
青汁 効果 選び方 口コミ 比較 (1)
花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011 平均視聴率 (1)
節電 熱中症対策 冷房対策 よしず すだれ (1)
絶対零度 上戸彩 桐谷健太 初回視聴率 (1)
夏休み 宿題 課題 自由研究 家庭科 (1)
夏休み 家庭科 宿題 課題 自由研究 自由課題 痛風 晩酌 (1)
お粥 おかゆ 危険 誤えん性肺炎 (1)
綾瀬はるか ホタルノヒカリ 干物女 ヒモノオンナ 映画化 (0)
綾瀬はるか 雨宮蛍 ホタルノヒカリ 干物女 ヒモノオンナ 映画化 (1)
アヤパン ゆず 北川悠仁 結婚 年賀状 住所交換 (1)
高岡早紀 AV 出演 借金 保坂 真実 (1)
未分類 (152)
亀田興毅 結婚 相手 同級生 (1)
塩こうじ 普通の肉 高級肉に パスタは本格イタリアンの味 (1)
ストロベリーナイト 姫川 菊田 展開 関係 (1)
平山相太 長崎県立国見高等学校 (0)
平山相太 長崎県立国見高等学校 成績 実績 (1)
郷ひろみ 結婚相手 元タレント 24歳差 再々婚 (1)
大東駿介 平家盛 平家物語 第15回 嵐の中の一門 落馬 (1)

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSS ボス 戸田えりか 戸田恵梨香 とだえりか 降板 復帰

2011年06月30日(木)

BOSS 戸田えりか 戸田恵梨香 とだえりか 降板 復帰

「戸田恵梨香」リサーチ ⇒ ★「戸田恵梨香」★


BOSS2最終回は意外な結末でした。


痛風親父としては、

いつもの時間枠延長でしたので、

晩酌の量もそれなりになってしまって・・・。


でもなんとか踏ん張り最後まで見届けました。

西田敏行だったんですね。


それにしても、戸田えりかファンにしてみれば

消化不良のBOSS2ではなかったかな。


なにしろ、途中降板したしね。


理由がわかって唖然でした。

そんなに多忙だったとは。


BOSS3では、ぜひとも全てに登場してほしいものです。


「戸田恵梨香」リサーチ ⇒ ★「戸田恵梨香」★

スポンサーサイト

BOSS2 戸田恵梨香 対策室 復帰

2011年06月23日(木)

BOSS2 戸田恵梨香 対策室 復帰 

★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★


第10話あらすじでは、

大澤絵里子(天海祐希)ら「対策室」のメンバーが、

環境サミットの警備に参加することになった同じ頃、

木元真実戸田恵梨香)が対策室に復帰します。


もちろん対策室の同僚に、真実は質問攻めに合います。

そこへ事件が。


なぜ、木元真実戸田恵梨香)が対策室から姿を消してたか?


木元真実戸田恵梨香)を左遷させたように見せかけ、

実はある捜査させていたという設定です。


しかも、木元真実戸田恵梨香)は、ある重要な文書を入手したという。


興味深いですね。

では、晩酌しながら「BOSS2 第10話」を見ます。


★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★


BOSS 木元真実 戸田恵梨香 復帰

2011年06月17日(金)

BOSS 木元真実 戸田恵梨香 復帰

戸田恵梨香が復帰!

★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★


大澤絵里子ら、「対策室」のメンバーは、環境サミットの警備に。

そして、待ちに待った木元真実役戸田恵梨香が対策室に復活

予想通りに、山村啓輔や花形一平、岩井善治らが質問攻めにという設定です。


肝心なストーリーはというと。

以下、公式ホームページからです。

殺害されたのは、有名商社の男性部長で、

自宅マンションの屋上でルームランナーに仕掛けられた爆弾により爆死したという。

男性は、ジョギングが趣味とはいえ、

自分の物でもないルームランナーの上で爆死するという奇妙な事件だった。

また、その1週間前にも、別の有名商社勤務の男性が公園で爆死していることもわかった。

絵里子は、この事件が2年前の国家公安委員長・黒原健蔵(西田敏行)が

狙撃された事件に関連する可能性があると示唆。

当時、黒原を狙撃したのは、高倉龍平(反町隆史)が率いるテロ組織・黒い月だと推測されたが、

真実らの調べにより、それが別の組織の犯行である可能性が高いと判明。

その真相を探るため、絵里子は警察が抱える裏金問題に関連がない新島署に、

真実を左遷させたように見せかけ派遣、捜査させていたのだ。

真実は、そこである重要な文書を入手したという。絵里子は、真実にその解析を依頼し…。


話のストーリは大事ですが、

それよりも、BOSS戸田恵梨香が対策室に復帰したことの方が楽しみです。

★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★

BOSS 戸田恵梨香 復活

2011年06月10日(金)

BOSS 戸田恵梨香 復活


★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★


晩酌しながらテレビドラマを見るのにはまってます。

気になるグルメを試すチャンス!
↓ ↓ ↓

送料無料お試しセット


BOSSに我らが戸田恵梨香が出演しなくなってしまって・・・。

いったいどれくらい月日が経つのかな?

ドラマのBOSSでは、木元は存在していますよね。

気になって、気になって。

戸田恵梨香がいないと

BOSSチームとしてはさびしい。


と嘆いてたのはいつのことやらで、

昨日放送されたBOSS 第8話ですが

終わりになって

我らが戸田恵梨香さんが登場!!


ま、いろいろとネット上でも噂あったけど、

なにはともあれ復活できてよかったです。

では、西田さんを狙撃した犯人が分かった?


超忙しいみたいですが、戸田恵梨香がんばれ!!



★「戸田恵梨香」関連一覧はこちらですよ★



楽天オークションで直筆サインが出品されてますよ。↓↓↓

【激レア】戸田恵梨香 ★直筆サイン★(サイン証明書あり) ファン必見!:楽オク中古品



BOSS あらすじ 第9話

2011年06月10日(金)

BOSS あらすじ 第9話


大澤絵里子(天海祐希)は、誰かと電話をしていた。こちらの準備はできている、と話す相手は、木元真実(戸田恵梨香)だった。

そんな折、中年の夫婦が刺殺される事件が起こった。妻は一撃だが、夫は急所を外しながら殺されていることから、絵里子は、殺しのプロの犯行だと断定。また、夫婦の5歳の娘・愛海が行方不明になっていることもわかった。

片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)とともに夫婦宅を捜索した絵里子は、キッチンに残された食べかけの料理に引っかかりを感じる。

そんななか、愛海が保護された。野立信次郎(竹野内豊)は、しばらくの間、対策室で愛海を保護すると発表。岩井善治(ケンドーコバヤシ)が世話役に任命された。

絵里子は花形一平(溝端淳平)を連れ、愛海が見つかった公園にやってきた。すると、そこでひとりの男(坂口憲二)とぶつかった。男は、落とした買い物袋を拾うと、無言で立ち去った。

一方、黒原理香(成海璃子)の調べで凶器のナイフが希少な外国製だと判明。絵里子は、外国人を含めた入国者と、軍隊や傭兵訓練を受けた者を調べるよう指示した。

同じ頃、田所幸子(長谷川京子)は、どこかへ電話をかけていた。
そんなとき、中年男性が刺殺され、手口から夫婦殺害と同一犯による犯行だと推定された。さらに、最近の入国者リストのなかに、海外の傭兵部隊を除隊した真崎正吾という男がいると発覚。真崎は、絵里子が公園でぶつかったあの男だった。

(引用:公式ホームページ)

BOSS あらすじ 第8話

2011年06月06日(月)

BOSS あらすじ 第8話


大澤絵里子(天海祐希)は、野立信次郎(竹野内豊)に言われ、検視官の石川啓太(谷原章介)というイケメンと見合いをすることになった。最初は渋々だった絵里子も、スマートで仕事熱心な石川に恋心を抱きはじめる。

そんな折、28歳の女性が殺害された。遺体は花びらで覆われ、額には血で押された拇印が残るという猟奇的な事件だった。絵里子が片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)と現場に入ると、検視官として働く石川の姿があった。挨拶を交わした絵里子と石川は、今回の事件が5年前、「エンジェルキラー」と名乗る人物が犯した3件の連続殺人の手口に似ている、と確認し合う。 絵里子は、片桐、山村、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)、田所幸子(長谷川京子)らに、今回もエンジェルキラーの犯行の可能性が高いと示唆。また、遺体を縛ったロープの結び目が5年前より弱くなっていることから、犯人の力が衰えているのではないか、とも推測した。

そんななか、30代の女性が同じ手口で殺害された。現場に向かった絵里子は、再び石川と合流。その後、絵里子の招きで石川が事件の詳細を説明しに対策室にやってきた。石川も、ロープの結び目の違いに着目。絵里子の推測通り、今回の2件は結び目が弱まっていると言い、犯人は右手にケガを負っているか、脳梗塞などの後遺症で不自由になっている可能性が高いと話した。

その後、容疑者として吉野純一郎(竹中直人)という解剖医が浮上。吉野は、5年前の事件の被害者を解剖した人物で、5年前に脳梗塞を患い右半身が不自由になっているうえ、目撃証言とも特徴が一致した。 絵里子は、吉野が勤める大学を訪ね、今回の事件時のアリバイを聞くが、それは証明されず、吉野も何かを隠しているようだった。するとそこへ、石川がやってきた。吉野に師事していた石川は、自分が吉野の無実を証明してみせる、と絵里子に力説。事実、吉野と犯人の指紋は一致しなかった。

絵里子は、5人の被害者の額に押された拇印が、指紋は同じだが押された面積が違うことから、犯人は2人いると推測。最初の3人と、残りの2人を殺害した人物は別だと言う。指紋が同じなのは、2人目の犯人が最初の犯人を殺害し指を切断、その指で拇印を押したからだと説明。切断された指は死後硬直で曲がらなかったため、押せる面積に違いが出たのだろう、と話した。

そして、黒原理香(成海璃子)が、金子という男性が指が切断された遺体で発見されていたことを突き止めた。絵里子は、最初の3件が金子で、残り2件が模倣犯の犯行だと推測。対策室の面々は、吉野が模倣犯だろう、と色めき立つが、絵里子は吉野の周辺から指が出ないことには断定できないと慎重な姿勢を示した。そんななか、吉野が行方不明であることが発覚。 同じ頃、石川からデートの誘いを受けた絵里子は、食事を終え、夜道を歩いていた。すると、石川が飲み物を買いに行くと言って、その場を離れた。絵里子がひとり待っていると、背後から誰かが忍び寄りスタンガンを当て、絵里子は倒れてしまう。

目を覚ました絵里子は、両手を縛られ、地下室に寝かされていた。そして、そこに石川がやってきた。石川は、初めて絵里子を見たときから、絵里子を殺害することを決めていたと告白。一酸化中毒で美しく殺してやる、と言うとガスボンベを開栓し、その場を立ち去った。そして、数時間後、地下室に戻った石川は、倒れている絵里子を恍惚の表情で見つめると、切断した指を取り出し絵里子の額に捺印を押そうとした――その瞬間、絵里子がパッと目を開け、これを捜していたのだ、と石川の腕を掴んだ。

死体愛好家の石川は、最初は解剖医の道を選んだが、その後、解剖医よりも先に遺体に触れられる検視官に転身。検死官を天職だと感じていたが、金子が殺害した女性たちの美しい遺体を見て共鳴、その後、金子を殺害し模倣犯となったのだ。 さらに、ロープに細工をするなど工作をして、捜査の目を吉野に向けさせた。吉野は、石川の犯行に気付き独自に捜査をしていたが、それを石川に見つかり殺害されたのだ。絵里子によって、すべてが白日の下にさらされた石川は、あっさりと犯行を自供した。

事件解決の夜、絵里子は、いつものように野立とバーで他愛のないおしゃべりに興じ…。

(引用:公式ホームページ)

BOSS あらすじ 第7話

2011年06月04日(土)

BOSS あらすじ 第7話


警視庁内で「ふれあいフェスタ」というイベントが開かれ、一般市民が見学にやってきた。「対策室」のメンバーも案内係として借り出されたため、大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌になる。しかし、野立信次郎(竹野内豊)や片桐琢磨(玉山鉄二)ら対策室のメンバーは、まんざらでもない様子だった。

そんな隙を突いて、取調室に男(田中圭)が立てこもった。花形一平(溝端淳平)から報告を受けた絵里子が駆けつけると、男は自分が誰か思い出してくれ、対策室のみなさんの時計を巻き戻しに来た、などと謎めいたことを言う。 その頃、対策室の山村啓輔(温水洋一)と岩井善治(ケンドーコバヤシ)が、"取調室の男"という差出人からメールを受信。そこには、バス停の写真が添付されていて、その後、そこで爆発が発生。燃えたゴミ箱から発生したガスを吸った通行人が病院に搬送されるという事態になった。男はこれで容疑者となったが、男が持つ身分証明書は偽造されたもので身元がわからない。

そんななか、対策室に"取調室の男"から「パートナーとの思い出の公園といえば?」と問いかける「宿題」メールが届いた。絵里子らが必死に答えを捜した結果、岩井が過去にパートナーだった先輩を殴った公園だと判明。片桐と岩井が駆けつけるが、公園にあったのは爆発物に見せかけたトラップだった。

その後ほどなくして、ふたつ目の宿題が届いた。今度は、「今も心に残る銃弾は?」とあり、そこは、かつて片桐が誤って犯人を狙撃してしまった工場跡地だとわかり、そこにも爆発物のトラップが置かれていた。 花形が男を取り調べるも何の手掛かりも得られないなか、最後の宿題が届いた。それは、「すべての答えはふたりをつなぐあのセレクトの中にある」というものだった。セレクトという言葉を頼りに可能性を探るうち、絵里子は複数の部署から人材がセレクトされてできた対策室に関連していること、そして、男は警察関係者だと直感した。

同じ頃、対策室に男が置いた爆発物が発見され、田所幸子(長谷川京子)が解除をはじめた。起爆装置を持った男は、30分ほどでボタンを押すと脅したが、30分は解除に必要な時間でもあった。

対策室で爆発が起これば被害は警視庁内に及ぶため、警官らは退避し、残るは野立と対策室のメンバーだけになった。野立は、メンバーたちにも退避を要請するが、誰も持ち場を離れない。それを見た野立は、さすがは自分が選んだメンバーだ、と絵里子に自慢。絵里子が、適当に寄せ集めたくせに、と返したとき、野立の脳裏にある記憶がよぎった。それを黒原理香(成海璃子)が照合した結果、ついに男の正体が明らかになった。 男は、花形と同期入庁の元警察官・小暮雅夫だった。それを聞いて、花形は初めて小暮を認識。800人も同期がいるため顔を忘れても不思議ではないと言う絵里子に、小暮は、自分は花形を覚えている、と切り返した。
小暮は、警察学校を優秀な成績で卒業し警察署に配属されたが、いじめが原因で精神を病み、万引きをして懲戒免職となった。一方、自分よりもレベルが低い花形が警察署から対策室へ引き抜かれ刑事になったことが許せないというのだ。黙り込む花形に、小暮は土下座をすればすべてを水に流し爆弾も解除してやると言う。それに従おうとする花形を、「謝る必要はない!」と絵里子が制した。自分の人生の不運を他人のせいにするのは筋違いだ、と言うのだ。起爆装置のボタンを押してもいいのか、と凄む小暮に、謝るくらいなら死んだほうがましだ、と譲らない絵里子。
押し問答が続くなか、小暮はボタンを押してしまった。が、爆発は起こらない。なんと、爆弾は対策室ではなく、花形の母親が働くパート先に仕込んであるというのだ。怒った花形が小暮に掴みかかろうとするのを止めた絵里子は、パソコンのライブ映像を小暮に見せた。そこには、花形の母親が元気な姿で映っていた。花形同様に母子家庭で育った小暮は、花形をもっとも苦しめるため、唯一の肉親である母親殺害を計画したが、絵里子に見破られていたのだ。 2年前のある日――。
対策室のメンバー選考を任された野立は、上層部の意向に反するかのように、片桐、山村、花形、岩井、そして木元真実(戸田恵梨香)を選んだ。選考の理由を、上の言うことに不信感を持つような、やっかいなヤツらを集めたと言う野立。それが、彼らをまとめる絵里子を活かす道だ、と上層部を説得した。

そして、事件解決後、野立とバーで飲んでいた絵里子のもとに真実からメールが届いた。そのメールを見た絵里子と野立は、顎鬚を触わる「かなりヤバイ」のサインを同時にして…。


(引用:公式ホームページ)

BOSS あらすじ 第6話

2011年05月28日(土)

BOSS あらすじ 第6話


大澤絵里子(天海祐希)は、岩井善治(ケンドーコバヤシ)に連れられ、韓国のイケメンが働くクラブにやってきた。そして、そこでパフォーマンスをする2PM(2PM)というグループに熱狂する。

そんな折、ある銀行がライフルを持った男に制圧された。男は、行員や客を人質に取ったが、そのなかに田所幸子(長谷川京子)の姿があった。

事件の一報を受けた絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井とともに銀行に急行。すでに着いていた野立信次郎(竹野内豊)は、絵里子を犯人との交渉役に命じた。絵里子が銀行に電話をすると、ソニー(高杉亘)と名乗る男が出て、身代金などを要求した。 一方、目隠しをされたまま行内にいる幸子は、夫からの金の振り込みの電話を途中でソニーに切られてしまい怯えていた。

やがて、ソニーが準備時間として絵里子と約束した3時間が過ぎた。しかし、まだ準備ができていないという絵里子に、ソニーは1時間の延長を承諾。そんなソニーに絵里子は、人質への食料配布を提案。ソニーも受け入れたため、デリバリースタッフに扮した山村が食料を届けた。ところが、食料に仕込んであった盗聴器が見破られてしまう。激昂したソニーは、行内で銃を発射。一気に緊張が増すなか、SITの突入を回避させるため、絵里子が人質になることに。そして、行内に入ろうとしたとき、内から煙が漏れ出してきた。さらに、銃声が聞こえ、行内から人質たちが駆け出してきた。現場が騒然とするなか、捜査員は人質を保護、絵里子らは、行内で犯人を捜した。やがて、ひとりの男性遺体を発見したが、犯人を捕らえることができなかった。

こつ然と姿を消した犯人の手掛かりを捜すため、絵里子は幸子に行内の様子を聞くが、幸子は目隠しされていたので覚えていないと言うだけだった。絵里子は、そんな幸子の腕に、暴力行為で付いたと思われるアザを認めた。 その後の調べで、犯人は金を奪わず人質に紛れて逃走した可能性が高いことがわかった。対策室のメンバーが人質から事情聴取するなか、絵里子は河村誠(木村了)という若者の証言に引っかかりを感じた。しかし、黒原理香(成海璃子)の声紋分析では、人質のなかにソニーはいないとの結果が出た。

そんななか、食料配達の際、山村が落とした盗聴器が、殺害された男の声をとらえていたことが判明。分析の結果、それがソニーの声と一致。つまり、殺害された男がソニーだったのだ。

絵里子は、ソニーを殺害したのは、共犯者の"サル"だろうと推測。しかし、金が奪われていないため、サルがソニーを殺害した理由がわからない。絵里子は、保管されているソニーの遺留品を調べることに。そして、ソニーのブーツのかかとから、ダイヤモンド数粒を発見。絵里子らは、サルがダイヤを取りにくるだろう、と警戒するが、サルは現れなかった。

事件当時の人質の状況を調べるため、絵里子は幸子を連れて銀行へ。そこで、幸子は、犯行現場にいたのに怯えて何もできなかった自分は刑事失格だから異動させてほしい、と頼む。それを聞いた絵里子は、仕事でもプライベートでも逃げることは何の解決にもならない、と諭した。 その後、ソニーの身元が判明。本名を相原正樹という男で、16年前に銀行強盗事件を起こしていたことがわかった。当時の捜査資料を読むうち、絵里子はサルの正体が、河村だと断定。16年前、事件に巻き込まれた河村の父親が、相原に銃殺されていたのだ。

理香からの情報を受け、絵里子は海外逃亡を図ろうとしていた河村を空港で引きとめた。河村と対峙した絵里子は、父親の復讐のため、あえて同じ銀行強盗という手段で相原を殺害したのだろう、と告げた。しかし、河村は平然と、証拠はあるのか、と切り返す。実は、証拠が何もないのだ、と絵里子が言ったとき、証拠を手にした幸子がやってきた。幸子は、銀行のゴミ箱から、河村のDNAと銃の発射残渣が付いた紙と、河村のDNAと硝煙反応が付いたウエットティッシュを見つけたのだ。これらにより、河村が銃を発射し、手に付いた硝煙反応をティッシュで拭き取ったことがわかった。絵里子は、幸子に河村に手錠をかけさせた。

後日、絵里子は、幸子を呼び出すと今回の働きを労い、今晩一緒に出かけないかと誘った。幸子はそれを断り、家に帰って夫と向き合うことにした、と告げた。 その日の夜、絵里子お気に入りの韓国系クラブに、野立や対策室のメンバーが集まっていた。そこで、片桐が「藤森楓」に電話しようかと悩んでいたところ、人にぶつかったはずみで通話ボタンを押してしまう。その頃、絵里子は2PMのメンバーと談笑中で…。


(引用:公式ホームページ)

BOSS 7話 あらすじ

2011年05月27日(金)

BOSS 7話 あらすじ



警視庁内で「都民交流会」というイベントが開かれ、一般市民が見学にやってきた。

対策室のメンバーも庁内の案内係として借り出されたため、

大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌になる。


しかし、野立信次郎(竹野内豊)や、片桐琢磨(玉山鉄二)ら対策室のメンバーは、

まんざらでもない様子だった。


そんな隙を突いて、取調室にひとりの男(田中圭)が立てこもった。

男は、持っていた手錠の片方を自分の手に、

もう一方を室内に固定し、

カギを飲み込んでしまった。

花形一平(溝端淳平)から報告を受けた絵里子が駆けつけると、

男は自分が誰か思い出してくれ、

そのための宿題を出した、

対策室のみなさんの時計を巻き戻しに来た、

などと謎めいたことを言う。


その頃、対策室にいた山村啓輔(温水洋一)と岩井善治(ケンドーコバヤシ)が、

"取調室の男"という差出人からのメールを受信。

そこには、バス停を写した写真が添付されていて、

その後、そこで爆発が発生した。

爆発したのはゴミ箱で、

そこから発生したガスを吸った通行人が病院に搬送されるという事態になった。


もはや男と爆発事件の関連は明らかだが、

男が持つ身分証明書は偽造されたもので身元も特定できない。

絵里子は、黒原理香(成海璃子)に、男の身元と犯行の目的を探るよう指示する。

そんななか、対策室のパソコンに、

"取調室の男"からの「宿題」が届いた。

制限時間20分というその「宿題」に、

絵里子も野立も手掛かりを見いだせず…。

BOSS 6話 あらすじ

2011年05月26日(木)

BOSS 6話 あらすじ



大澤絵里子(天海祐希)は、岩井善治(ケンドーコバヤシ)に連れられ、

韓国のイケメンがパフォーマンスをするクラブにやってきた。

そして、そこで働く2PM(2PM)というグループに熱狂する。


そんな折、ある銀行がライフルを持った男に制圧された。

男は、行員や客たちを人質に取ったが、そのなかに田所幸子(長谷川京子)の姿があった。


事件の一報を受けた絵里子は、

片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井とともに銀行に急行。

すでに現場にいた野立信次郎(竹野内豊)は、

絵里子に犯人との交渉役を務めるようにと命じた。


絵里子が銀行に電話をすると、ソニーと名乗る男が出た。

絵里子はソニーから、身代金の額と要求する物を聞きだした。

そんななか、幸子の居場所を探していた黒原理香(成海璃子)が、幸子が行内にいると突き止めた。


その頃、行内で幸子の携帯電話が鳴り出す。

夫の智明からの金の振り込みの催促だと察知した幸子は、

ソニーに電話に出てくれと頼んだ。


やがて、絵里子が約束した身代金などの準備時間3時間が過ぎた。

しかし、まだ準備に手間取っていると明かした絵里子に、ソニーは1時間の延長を承諾した。

絵里子はさらに、人質を落ち着かせるためにも食料を配ったほうがいいと提案。

ソニーも受け入れ、山村が食料を届けた。

ところが、そこに仕込んであった盗聴器が見破られソニーは激昂し、ライフルを発射。
銃声を聞いた絵里子は…。
(BOSS 公式サイトより引用)


◆ プロフィール

tonkatiraku1

Author:tonkatiraku1
ツーフーマンのブログへようこそ!

晩酌は明日へのエネルギーと自分勝手に決め付けて、晩酌しながらグラス片手にテレビを見るのを至上の喜びと感じています。

最近は”FX”に興味が。もちろん、リアル取引ではなくて、バーチャル取引です。

◆ 検索フォーム

◆ リンク

◆ 最新コメント

◆ 最新トラックバック

◆ QRコード

QR
 
■アクセス解析タグ FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。